追い出し作業 

耐震診断を追い出しに利用

 

最近は古いビルや、古いマンションを建て替える際の追い出し作業に耐震診断を利用するオーナー様がおられます。特に旧耐震基準(1981年)以前に建築された建物は耐震診断を行うと建物の強度を表すIS値が現在の基準より低く算定され、大地震の際損壊や崩壊の可能性が高いというように判定されます。計算過程や診断書の入った冊子は約3~4センチメートル程度の厚みとなり構造計算書や耐震診断結果等が含まれています。その診断書を持って入居者に「地震が来た時、建物が崩壊する可能性が高いので建て替えます」という事で正当な理由で追い出し作業をする事が出来ます。また出て行かない入居者がいて地震により等建物が崩壊し、入居者等に危害を加え、裁判になった場合も、オーナーは、耐震診断書を元に「大地震の際、崩壊の可能性が高いので出て行ってください」という事を先に入居者が告知しているので当然オーナーは責任を問われる可能性は低くなります。

 

診断費用は安くなる

 

追い出し作業に必要な診断書は、建物の強度が不足しているという事を証明するだけなので、耐震補強等が必要な場合に行う精密な2次診断は必要なく、構造図等を元に再計算を行う1次診断で大丈夫です。当然診断費用はリーズナブルになります。

Copyright(c) 2011 耐震診断.jp