耐震診断の費用


費用の目安は、建築物の大きさ・形状・構造、などにより異なりますが、

 

簡易診断で有れば40万円~100万円程度です。

 

一次診断であれば、50万円~200万円程度です。

 

二次及び三次診断であれば延べ面積に対して700円/㎡から2,000円/㎡程度です。

 

 

 

耐震診断は建物が大きくなればなるほど診断費用は割安になります。逆に建物が小さいと診断費用は割高になってきます。

また簡易診断とは既存の構造図を元に再度構造計算してやる事をいいます。

一次診断は既存の構造図を元に建物の強度を検討します。現場調査やコア抜き等を行い耐震診断を行います。

二次診断は精度の高い診断方法となります。基本的にRC造の耐震診断で用いられ、診断後に耐震補強や補助金を利用する際には2次診断を行っておく必要が有ります。

三次診断は主に鉄骨造の診断に利用され精度の高い診断となります。

 

耐震補強工事にかかる費用の目安


耐震診断を行って、現在の建物の強度が分かると耐震補強にかかる費用の概算を出すことが出来ます。つまり現在の建物の強度によって耐震補強する費用は

大きく変わって来ます。

総延べ面積に対して、20,000円/㎡から60,000円/㎡程度です。

現在の強度の低い建物ほど、補強しなければいけない箇所が増えててきます。逆に古い建物でも、ある程度の強度のある建物は、補強する箇所が減り、費用は抑えられます。建物の規模が大きくなればなるほど補強費用の単価は割安になります。逆に建物が小さいと補強費用の単価は割高になってきます。
また旧耐震の建物で有っても比較的低層の建物(1~2階建)程度なら耐震診断結果より強度がありほとんど補強しなくていい場合もあり

 

 

弊社で行う仕事


1、高精度の耐震診断を行う。 
  耐震診断の結果より必要な場合は概算工事費、補強案の作成が可能です。 

 

2、最適な耐震補強設計をする。
  
高精度の耐震診断を元にして、最適な工法で最適な箇所を耐震補強設計します。 
 

3、補強工事会社を選定する。補強工事現場の監理。
  
補強工事を実施する優良なゼネコンの選定、入札等を実施しています。診断から補強まで全て一括でゼネコンに任せるより費用が落とせます。
 

 工事着工後は、建築士が、補強工事の現場監理に行き、図面通り施工されているか確認します。良い工事が出来るようお客様の立場にで工事監理及びゼネコンとの交渉を行います。
 

 

補助金等について


都道府県、市区町村により耐震診断、耐震補強の補助金を交付しています。

補助金を交付してもらうには評定(第三者機関のチェック)が必要となります。

弊社で補助金申請の手伝いもしておりますので気軽にお問い合わせください。


 


 

Copyright(c) 2013 耐震診断.jp