マンションの耐震診断費用 

マンションの耐震診断費用は、建物の規模や築年数、設計図や構造図などの有無などによって違ってきますが、基本的には延べ床面積に対して1000円/平米~2000円/平米位の価格になります。この価格にはかなり幅が有るのですが、マンションの面積が広いほど平米あたりの単価は下がってきます、逆に面積が狭いほど単価は上がって来ます。また既存図が無ければその図面の作成費用がっかかって来ます。
 
 

マンション耐震診断は賃貸マンションで一棟そのものをワンオーナーで所有している物で有れば、耐震診断の結果より、補強工事が必要という結果になった場合、次のステップに移りやすいのですが、分譲マンションの場合は、所有者が沢山いるのでそこが難しい所になって来ます。例えば分譲マンションの耐震診断の結果より補強不足と判定された場合、耐震補強をしなければ必要な耐震強度を保つ事が出来ないという事になれば、補強工事ははそれなりの費用がかかって来ますから、マンション内には「補強なんてしなくてもいいんだ!」という方や「すぐに補強してください」とう方など様々な考えの方がおられますから管理組合で話しがもめる事がしばしばあります。マンションの規模にもよりますが、耐震補強になると総額で数億円の工事になってくる事も多々あります。そのような事を最初に良く考えて計画しなければ、耐震診断をするんじゃ無かった。なんて事にもなりかねません。なので分譲マンションで耐震診断をする時は補強工事が必要となった時の事も最初に考えて計画する必要が有ります。


 
鉄筋探査をしている様子
                                
   

最初から耐震補強をする時は耐震診断は必要?
 
 

マンションの耐震診断をする時最初から耐震補強をしてください。といわれる方がおられますが、こちらも最初に耐震診断をしてから耐震補強をした方がよいでしょう。なぜならば耐震診断をする事により、どのような箇所が耐震強度が不足しているかという事が正確に分かりますから、耐震診断しないで耐震補強をするより正確に耐震補強をする箇所が分かってくるからです。そのため費用の大きくなる耐震補強を能率よく行う事が出き、総合的にみて費用を抑える事が可能になります。

Copyright(c) 2011 耐震診断.jp